IT Office Nishimiyahara

個人用スマホから商用プログラミングまでなんでもお任せ下さい

本番環境にPerlを入れる便利な方法を忘れるので書いておく

   

おはようございます。 若林(@nqounet)です。

開発環境の更新は、新しい方法を発見した時にその場で変更してみて、気に入ったらそのまま使い続けたりしています。

ただ、本番環境はなかなかそういうわけにはいかないので、新しい方法を発見してもなかなか試せないですよね。

今さっきも、思い出して検索してみたけど、相当検索してようやく発見できたので、もう忘れないように書いておくことにしました。

サーバーのセットアップ、しかも本番用となると、なかなか機会がありません。

Perlの利点として、ほとんどのサーバーに入っている、という事がありましたが、最近は事情が違うと思います。

ちょっとしたアプリを作る場合でも、本番環境と開発環境とは同じような状態にしたいので、plenv(perl-build)などを使ってアプリのためにPerlをビルドして使用するのが望ましいと思います。

実際のところ、本番環境を構築する時は、開発環境と同じようにplenvを入れて、同じバージョンのPerlを作成して動作させる、ということをやっていました。

しかし、世の中にはもっと便利なものが存在しているのでした。

本番環境でいろいろな言語をインストールするためのソフトウェアです。

bashのスクリプトなので「git clone」するだけで使用可能。お手軽ですね。

なお、plenvを使用せずにperl-buildだけでビルドするのはわりと定番らしいのですが、私は最近まで知りませんでした。

ちなみに、この記事はブックマーク済みでしたが、この記事を探すつもりで「はてブ」を検索したんですが、出てこなかったんですよね。

やはり、自分でメモするのが一番ってことで。

respo

respo link

ZenBackWidget

 - 情報技術について