IT Office Nishimiyahara

個人用スマホから商用プログラミングまでなんでもお任せ下さい

ユーザー認証の新しい規格が!

      2014/05/13

@nqounetです。

ユーザー認証の新規格「OpenID Connect」をMicrosoftやGoogleがサポートしてくれるようです。

デベロッパーはこの規格を利用して簡単なコードを書くだけでサインインのプロセスをMicrosoftやGoogleなどのIDプロバイダににアウトソースすることができる。つまり.OpenIDdを利用すればデベロッパーは自らのサーバにパスワードを保管する必要がなくなる。

良いニュースではないでしょうか。

うまく使えば、ユーザーのIDとパスワードを保管するリスクから開放されそうです。 もちろん、私達が開放される代わりにIDプロバイダ(OpenID Connectをサポートする企業などのこと)が負担する、という形にはなります。

MicrosoftやGoogleは自社でサービスを展開していますし、多くの人はそれらのサービスを使っていることが期待できます。

ユーザーにとっても、多くのサービスがパスワードを必要とすると、管理するパスワードが増え、セキュリティのリスクが増えることになります。

今回の新しい規格は、サービスを提供する側も享受する側もハッピーになれるものだと思います。

respo

respo link

ZenBackWidget

 - 情報技術について