IT Office Nishimiyahara

個人用スマホから商用プログラミングまでなんでもお任せ下さい

さくらのレンタルサーバーにDBD::SQLiteをインストールできた話

      2014/03/03

@nqounetです.

DBD::SQLiteと格闘して,なんとか勝利しました.

インストールの方法

実際にこれでインストールできたのだけど,このあとperlbrew switch 5.16.3してインストールしたら,特にオプション無しで成功してしまった.

さっきまでこっちにこそインストールできなかったのに!

しかも,ログを見たら同じエラーもあるのに.

不思議だ.

インストールログを見よう

何度失敗したかわかりませんが,ログを見るとどうもこの辺にヒントがあるらしい.

エラーメッセージでぐぐったところ,オプションの-Bsymbolicを消して実行するとどうよ,というような事が書いてあった.

書き換えればOK,って言われても困るわけでして….

で,もしかすると,オプションで上書きができるかなと思ってやってみると,偶然うまくいきました.

ただ,ログを見たら,同じようなエラーになっていて,結局何故通ったのかわからない,という,腑に落ちない結果となりました.

cpanmのconfigure-argsオプション

cpanmのconfigure-argsオプションは,configureの引数にしてくれる感じかなぁ,と思うのですが,ログを見る限りでは,どこで作用したのかわかりませんでした.

まとめ

紆余曲折はありましたが,ひとまず目的は達成出来ました.

さくらのレンタルサーバーは,gitこそ使えない(ソースからインストールすれば使えるらしいですが)ものの,sshでログインできて,Perlもビルドできて,CPANモジュールもインストールできるので,レンタルサーバーにしては恵まれた環境です.

ただ,これから環境を作るのであれば,VPSのほうが何かと安心できる,というのが本音ですね.

レンタルサーバーだと,CGIとして動かすことになるので動作も遅いです.

メンテナンスを考えても,動作環境を考えても,Perlでサービスを開発するのであれば,レンタルサーバーは選択肢からは外すのが賢明です.

デプロイもサーバーがVPSなどであれば,cinnamonを使えば毎回同じように更新できますしね.

respo

respo link

ZenBackWidget

 - 情報技術について ,