IT Office Nishimiyahara

個人用スマホから商用プログラミングまでなんでもお任せ下さい

jQueryを使ってgoogle-code-prettifyを自動的に適用してみた

      2014/05/14

MENTAを追いかけ始めてからPerlだけじゃなく、Web開発に関して色々と資料を読んでいる。 資料といっても、はてなブックマークの注目エントリーや人気エントリーを中心にあれこれと読んでいるだけだが。 その中で、JavaScriptのライブラリとして最近ホットなのがjQueryだ。 それはそれとして、先ほどのエントリー参照した先のソースを見てみると、preタグにもcodeタグにも「prettyprint」が書いてなかった。 不思議に思ってソースを見てみると、prettyfy.jsを読んだ後に別のスクリプトを読んでいて、その中でどうやらクラス名を操作して、その後にprettyPrint()している事がわかった。 それと同じ事をjQueryでやってみよう、と思ってやってみた。 書いた場所は、テンプレートのフッター。 先ほどのスクリプトを読み込んだ後にjQueryを読み込んで、さらにその後にクラス名を変更するコードを書いた。 このブログでは、コードはpreの後にcodeで括っているので、その条件にあったタグにクラス名を設定することにした。 そのあたりのコードは「続き」で。

ちなみに。 JavaScriptのライブラリについては、ネット全体でのキャッシュ効果を期待して、googleの「The AJAX Libraries API」を使っている。 prettifyについては微妙だが、参考にしたサイトでもやっていたのでのってみた。 参考 Google人気JavaScriptライブラリ配布開始、ネット全体でキャッシュ効果 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

respo

respo link

ZenBackWidget

 - 情報技術について ,