IT Office Nishimiyahara

個人用スマホから商用プログラミングまでなんでもお任せ下さい

リメイク:自分の名前を調べる

      2014/05/14

自分の名前を調べる@のぶろぐ

今回も、今後のPerlで推奨されるであろう書き方(UTF-8で書いて、「use utf8;」を用いる)をしてみました。
前回と違うのは、Encodeを明示的に使うのではなく、PerlIOに対して直接細工をします。

参考:Perl 5.8.x Unicode関連

Wide character な文字列はそのまま出力すると文句を言われるというわけです。 回避するには、PerlIOレイヤを使うか、UTF8フラグを落とします。

UTF8フラグをいかに落とすか、って事ですね。

サンプル

今回は、binmodeを使って、出力を「utf8」ということにしています。

もし、EUC-JPに変更したい場合は、「encoding」を使って文字コードを変更します。
…まあ、バグの元にもなりそうで、あまり意味はなさそうですが。


さて、テーマは自分の名前を調べる、ですが、ここではCGI.pmで簡単に使える環境変数を取得してみました。
ドキュメントにはあまり細かくは書いていないので、簡単にスクリプトを書いて実装の参考にするのもよいですね。


ソースコード

respo

respo link

ZenBackWidget

 - 情報技術について