IT Office Nishimiyahara

個人用スマホから商用プログラミングまでなんでもお任せ下さい

perltidyを試してみた

      2014/05/14

perltidyというのは、Perlベストプラクティスに載っている、ソースコードを綺麗に整形してくれるソフト。

最初は実行形式のプログラムだと思っていたら、Perlスクリプトだった。
考えてみれば、PerlをWindowsでやっていることがどちらかといえばイレギュラーなので、Windowsの実行形式でないのは当然か。

インストールの方法がよくわからなかったのだが、モジュールならcpanからインストールできるんじゃないかと思ってモジュール名を指定したところ、ズバリ、ありました。
そのままインストールを開始。

cpanがちゃんと使えるようになっていれば、インストールは簡単。

インストールが完了すると、Perl.exeと同じフォルダに「perltidy.bat」というファイルができた。

あとは簡単に手順を。
oreilly.com -- Online Catalog: Perl Best PracticesExamplesからソース一式を取ってくる。
解凍すると出てくる「perltidyrc」を「.perltidyrc」にリネーム。
ファイルを開いて、4行目の「-st」をコメントアウト(行頭に#を追加する)してやる。
整形したいファイル(仮にtest.plとでもしておこう)と同じフォルダに「.perltidyrc」をコピー。
で、コマンドプロンプトを開いて、そのフォルダで以下のコマンドを実行(perltidy.batの場所にはPathが通っているという前提)。

と、まあ、こんな感じで「test.pl.tdy」というファイルが新しくできる。このtdyファイルが整形されたモノだ。

ちなみに、リメイク:ファイルに書き出す@のぶろぐのコードを、整形させると以下のようになった。


整形されたソースコード

スゲェ。

respo

respo link

ZenBackWidget

 - 情報技術について