IT Office Nishimiyahara

個人用スマホから商用プログラミングまでなんでもお任せ下さい

ソースの表示

      2015/02/04

「CGIソース」は、「cgiファイル」をコピーして、拡張子を「txt」に変更しただけのもの。しかも、IEではHTMLとして解釈される事もしばしば。いっその事、cgiファイルをそのままHTMLに取りこんで表示してみようかな・・・なんて考えてみた。

せっかくなので、今回は「Unicode(UTF-8)」を使用してみた。でも、もしかすると失敗したかも・・・。IEでは「Unicode」にすれば表示できた(そのままだと真っ白だった)けど、NNでは2バイト文字が全部「□」になって表示された。「Unicode」は今のところ、ブラウザへの出力には向いてないのかもしれない。

今回は、同じファイルだと都合悪そうだったので「ts0010.cgi」を変換した。でも、スタイルシートのせいか「Unicode」のせいか知らないけど、ソースがとても読みにくい・・・。せっかく行番号までつけたのに、残念だ。そういえば、「htmllint」のように「<code>タグ」で括ってしまえばよかったのかも・・・。もういいけど。

やり方は単純なので、htmファイルに出力するものを作ってみよう。出力コードは「jis」で。

・・・

今回、ローカル環境から完全に移行するために「jcode.pl」に変更しました。よって「Unicode(UTF-8)」は使えなくなってます。

というわけで、「euc」で出力してみました。

ソースコード

respo

respo link

ZenBackWidget

 - 情報技術について