IT Office Nishimiyahara

個人用スマホから商用プログラミングまでなんでもお任せ下さい

漢字コードの変換

      2015/02/04

そりゃもちろん、文字化けをなくすため。

変換には(たぶん)「Jcode.pm」を使っている。「htmllint.cgi」で使っていたので、それを参考にしてなんとかできた。意味不明な命令がいくつかあったけど、なんとなく使い方はわかった気がする。説明書を読んだらもっと簡単にわかるのかもしれないけど・・・。

出力は「JIS」にしてみた。「JIS」はブラウザでは文字化けが起きにくいらしいから。Windowsでは「Shift_JIS」、perlでは「EUC」、そしてブラウザでは「JIS」・・・。それぞれ得意分野が違うのは仕方のない事なのかな?

ちなみに、「Jcode.pm」では「Unicode(UTF-8)」も変換に使えるらしい。試してみるのも悪くない。

「Jcode.pm」は「htmllint」を使うためにインストールしたから、使うのは簡単。「require Jcode;」これだけ。あとは、コードを取得する「getcode」と、変換する「convert」の2つ。これらは「*Jgetcode = &Jcode::getcode;」「*Jconvert = &Jcode::convert;」と書くことで、「Jgetcode」「Jconvert」という名前でサブルーチンとして使えるようになる(ような気がした)。

「getcode」は、引数に対象となる文字列を渡すと、その文字の漢字コードを返してくれる。「convert」は「変換する文字列、変換目的のコード、変換前のコード」の3つを引数として渡すと、コードが変換されて返ってくる。漢字コードの指定は「utf8」「jis」「euc」「sjis」というふうに指定する。「getcode」でもこれらの文字列が返ってくる。なかなか便利だ。

・・・

今回、ローカル環境から完全に移行するために「jcode.pl」に変更しました。よって「Unicode(UTF-8)」は使えなくなってます。

ソースコード

respo

respo link

ZenBackWidget

 - 情報技術について